グズグズしている時間はない!短期間で復縁を成功させる

男を落とす恋愛テクニック集

MENU

グズグズしている時間はない!短期間で復縁を成功させる

復縁のテクニックとして一般的な「冷却期間」。
たしかに、別れてすぐに復縁を迫れば、引かれてしまう可能性は大。

 

だからと言って、時間をかければ良いというものでもありません。
今回は短時間でキメる復縁テクニックをご紹介します。

 

復縁までの期間

 

男性は3ケ月単位で動く・・・という事をご存知ですか?
男性から復縁を求めてくる場合、3ケ月、半年、というのが多いそうです。

 

ですから3ケ月くらい待っていれば、向こうから連絡がくるかもしれません。
しかし!そこまで待てないというあなた。
この方法をちょっと試してみてください。

 

やっぱり冷却期間は必要

 

いくら短期間で復縁を成功させると言っても、やはり少しの冷却期間は必要です。
すぐ連絡すると相手に「全然わかってないんだな」と思われてしまうからです。

 

せめて1週間。
できれば2週間くらいは期間を持ちたいところ。

 

ポイントは、「その間は連絡を一切断つ」ということです。
メールも電話もダメ。
彼のSNSを見るのもダメ。

 

その間に充分別れの原因について考えましょう。
そして自分なりの答えを出しておくのです。
さて、その期間が終わったら、ついに行動開始。

 

猛烈アタック

 

まったく音沙汰ナシの状態から一転、連絡を取り始めます。
理由はなんでも良いんです。

 

とにかく、ちょこちょこ連絡しましょう。
猛烈アタック期間はだいたい、冷却期間と同じくらいが目安。

 

相手に「まだ未練あるのかよ・・・」と思わせたら勝ち。
しかしはっきりと「好き」とか「もう一度付き合おう」とは言わないでくださいね。
相手からさっそく復縁の打診があっても、答えは先延ばしにしておいてください。

 

沈黙で揺さぶる

 

熱烈アピールタイムが終了したら、お分かりですね?
そう、再び沈黙の時を作ります。

 

連絡を一切断つのです。
相手からの連絡を無視する必要はありませんが、あくまでも素っ気なく。

 

彼の心を揺さぶるのです。
そして一定期間が過ぎたら、再度連絡を取り始めます。

 

これを繰り返して下さい。
目安は3ケ月。
このころハッキリと復縁をキメます!

 

おわりに

 

いかがでしたか?
短期間で復縁したい人は是非お試しください!