社内恋愛の上手な別れ方とは?

男を落とす恋愛テクニック集

MENU

社内恋愛の上手な別れ方とは?

社内で出会った彼とお付き合いをしてきたけれど、何らかの理由で別れたいと思うこともあります。
そんな時に社外の恋愛と違って気を使うところは、別れてからも職場で顔を合わせなければならないという点です。

 

別れる時に全く相手を傷つけないということは難しいですが、社内恋愛をしていて上手に別れるためにはどうしたら良いでしょうか?

 

 

誠意を持って対応する

相手に別れを告げる時に、何となく直接言いにくいなという気持ちになるのはわかります。
ですが一方的にメールなどで別れを告げてはいけません。
メールで別れを告げる人もいますが、そういった場合には相手から反感を買い悪いイメージで残ってしまいます。

 

別れを告げる時には直接会って話をする、そして別れたいと思う理由を伝えるようにしましょう。
この理由が相手を深く傷つけると思うのであれば、言い方を変えるなどして配慮するようにします。
相手がすんなり受け入れてくれるとは限りませんが、なるべく合意の元で別れる形にもっていきます。

 

 

毅然とした態度で別れる

誠意を持って対応することは1で書きましたが、相手がなかなか納得してくれなくても、自分は別れたいという気持ちを
強く持って、別れに向かって進んでいきましょう。
別れる別れないで長い間ごたごたしていたら、会社での仕事もしにくくなってしまうので、決めたら短期間で別れられるように毅然とした態度で臨みましょう。

 

 

周りの人に相手の悪口を言わない

会社の人は相手のことを知っているので、ついつい相談に乗ってほしいと思うことはあるかもしれません。
しかしここで大事なのは、付き合っている中で感じた相手の悪いところを会社の人に言わないことです。

 

何がきっかけで相手の耳に入ってしまうかはわかりませんし、噂になった時には相手に恨まれてしまう可能性も
あります。

 

 

今後の仕事での関係について話をしておく

恋人として別れても仕事での関係は続いていきます。別れ話をする時に、今後仕事仲間としては協力していきたいことを
伝えておきます。
恋人としては終わってしまうけれども、相手の人間性は認めていて、仕事仲間としてやっていきたいと伝えておくのが良いでしょう。

 

そして別れた後も、仕事にプライベートは持ち込まずに、相手に挨拶をしたり仕事上の話は普通にするように心がけます。
相手が自分に冷たく接してきても、自分は普通にしていると徐々に相手の態度も変わってくるでしょう。

 

 

まとめ

社内恋愛をしていて別れを告げる方も、告げられる方も辛いものです。
彼に別れを告げる場合には、これからも顔を合わせる関係なので、なるべくきれいに別れることが大事です。