職場の好きな人から告白される恋愛テクニック

男を落とす恋愛テクニック集

MENU

職場の好きな人から告白される恋愛テクニック

一日の大半を過ごすことになる職場は、恋愛の出会いの場としても発展しやすい環境です。

 

しかし、本来は仕事をする場、特に男性は恋愛関係のあれこれによってマイナスイメージを上司や同僚につけられることを極端に嫌がる傾向があります。

 

彼の仕事の邪魔をせず、しかし効果的で魅力的な社内恋愛アピール法をいくつか挙げてみました。

 

 

恋愛対象内の条件

職場において、男性であっても女性であっても恋愛以前に仕事をきちんとこなしているか否かがキーポイントとなります。
彼のどこが好きなのか思い出して下さい。

 

仕事をバリバリこなす精力的なところだったり、結果をきちんと残す知性だったりと仕事が出来ることが大前提なのではないでしょうか。

 

男性からしても、恋愛対象圏内に入る女性は、仕事をきちんと真面目にこなしていることが大前提です。
恋愛にうつつを抜かし、仕事は二の次である女性に一体何の魅力があるでしょう。

 

彼の視線をこちらに惹きつけるには、先ずは仕事に対して真摯であることを心掛けましょう。

 

 

伝言メモの使い分け

通常、伝言メモは電話などのメッセージの要点を的確にまとめ記述し、相手のデスクに付箋やメモで残す為に使います。
大至急の連絡などはやはり必ず目につくパソコン画面などに貼り付けて置くことが大切で、また無駄のないようにしなくてはなりません。

 

対して、そこまで緊急性ではないメモ、例えば彼の同期や総務の連絡、または社内のそれほど重要ではない内線電話などのメモは女子力をアピールする為に、少し可愛い動物などの付箋を使ったメモで可愛い印象を与えましょう。

 

手書きのにこちゃんマークを名前の横につけたりとオリジナリティをつけても印象に残ります。

 

 

気の利くところをアピール

例えば、彼の仕事が立て込んでいそうな時、お昼を買いに行く時間もなさそうな時などに、ちょっとした差し入れを渡します。

 

ここでポイントなのが、彼だけに渡すのではなく、彼の両隣や向かい合わせの人たちにも同じように配ることです。
社内で自分にだけの差し入れを渡されても、周囲の目が気になり手をつけ辛いものです。

 

例えば、旅行のお土産のようなニュアンスで、気を遣わない差し入れが意外と相手の心をつかむこともあるのです。

 

 

雑務は進んで引き受ける

コピーやFAXなど、業務が片付かないようであれば自分の分の雑務のついでといった感じにさりげなく手伝う旨を伝えてみましょう。

 

断られてしまったら、それは大事な書類かもしれないので潔く引き下がり、二つ返事で頼まれたら快く引き受けましょう。

 

さりげないサポートが彼の仕事を少しでも楽にし、ふとした時に有難い気持ちから恋愛感情に発展する場合もあります。

 

 

まとめ

社内恋愛、特に片思いからのスタートであれば、相手に迷惑を掛けない控えめなアピールから始めるのが鉄則です。

 

自分の気持ちばかり押し付けて、相手の状況を考えず押せ押せモードでは彼も引いてしまいます。

 

段階をきちんと踏んで、相手の視界に徐々に入っていくことが成功への近道です。